金の買取で発生する税金 

金の買取で発生する税金とは?

金の買取で得た所得は、譲渡所得として課税され、他の所得と合わせて「総合課税」の対象として扱われます。

譲渡所得の金額の計算(所有期間が5年を超える場合)

譲渡所得の金額の計算には、金の買取をしてもらった品物を所有していた期間によって、計算方法が変わります。

まず、所有期間が5年を超える場合には、金の売却金額から金を取得したときの金額と、売却にかかった費用を差しい引いた金額が譲渡益ということになります。そして、譲渡益と、総合課税の譲渡益を足したものから、特別控除額を差し引いて譲渡所得の金額を割り出します。

そして、譲渡所得の金額の50パーセントが課税の対象になります。この課税される譲渡所得の金額に、税率をかけ、控除額を差し引いた金額が、実際の納税額ということになります。

譲渡所得の金額の計算(所有期間が5年以内場合)

次に所有期間が5年以内の場合の計算方法です。金の売却金額から金を取得したときの金額と、売却にかかった費用を差しい引いた金額が譲渡益ということになります。そして、譲渡益と、総合課税の譲渡益を足したものから、特別控除額を差し引いて譲渡所得の金額を割り出します。ここまでは、5年以上所有していた場合と同じです。

このあと、50パーセントをかけるという部分が適応されないので、所有期間が5年以内の場合には、譲渡所得金額すべてが課税の対象になります。この課税される譲渡所得の金額に、税率をかけ、控除額を差し引いた金額が、実際の納税額ということになります。

譲渡所得の特別控除の額は、譲渡益とそれ以外の総合課税の譲渡益の合計額に対して50万円ですので、譲渡益が50万円以下の場合には、譲渡益として産出された金額まで控除されます。また、5年以上所有したものと、5年以下の所有期間のものの両方に譲渡益があった場合には、5年以下の所有期間のものから控除されます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ