金には品質を保証する認定ブランドがあります

金の認定ブランドとは?

金の品質を保証する為に、日本国内では東京商品取引所では、金を製作する企業の中から、溶解技術や分析能力などに優れた信頼できるメーカーを認定ブランドとして承認しています。
東京商品取引所が承認した金の認定ブランドの純金は純度99.99%以上の品位であることが補償されていて、グッドデリバリーバーと呼ばれ、世界中で取引ができます。

世界の金地金の基準となるのは、ロンドン地金市場協会の認定する会社の製品や、経済産業省認可東京工業品取引所の認定する会社の製品など、信頼のあるブランドの製品です。

ロンドン地金市場協会(LBMA)

ロンドン、ニューヨーク、香港、チューリッヒ、シドニー等、世界には多くの金地金取引の市場がありますが、その中で昔から続いている最も規模が大きい金地金取引の市場は、イギリスのロンドン地金市場協会(LBMA)ロンドンブリオンマーケットアソシエーションです。
ロンドンの市場で取引される金地金はすべてのロンドン地金市場協会(LBMA)の管理のもとに、LBMAの定めた規格に沿っておこなわれています。
そしてロンドン地金市場協会の認定を受けた証としてLBMAの公認マークが刻印されている金製品が金の認定ブランドの製品なのです。
この公認マークが刻印されて製造されるブランド製品は、金取引の基準の中で最も高く評価されます。
日本国内では、田中貴金属工業、三菱マテリアル、徳力本店、日鉱金属、石福金属興業、住友金属鉱山、松田産業、三井金属鉱業がロンドン地金市場協会(LBMA)の認定を受けている金の認定ブランドです。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ