買取された金のアクセサリーはどのような過程を経てリサイクルされるのでしょうか?

金の分析、精錬とは?

金の買取をされた貴金属は、専門の企業で精錬分析され、リサイクルされます。

  • 分析 貴金属に配合されている金属の種類と含有率を調べ、分離に必要な薬液を割り出し、分離の工程を決定します。
  • 溶解、分離 貴金属を溶解し、金とその他の金属に分離します。
  • 分析 溶解後、分離させた金をさらに分析します。そして、Au99.99%から99.999%、Pt99.95%~99.99%の高純度素材が製造されます。

これらの工程は、金の品質と純度を高めるために行うもので、高い技術力が求められます。
そして、この精製・分析の技術水準の高さを認められたメーカーはロンドン地金市場協会(LBMA)や東京工業品取引所から、純度の高い金を生み出すメーカーとして金のブランド認定を受けています。

リサイクルされた金の用途は?

分析、精錬によって、リサイクルされる金製品は、アクセサリーだけではありません。歯科スクラップの貴金属も、リサイクルされます。
リサイクルされた金は、インゴット、コイン、宝飾品や貴金属製品の材料として再利用されます。
金はその特性と希少性から、常に人々に求められるものですが、その需要の高さに応じた供給量が年々減少している為、価格が上がり続けている為、金の分析、精錬をする技術も、ともに進歩しています。
その為、金の買取店の中には、金の分析、精錬を行う自社工場を持っている店も多くあり、このような買取店では検品→焼成→溶解→精製→分析を一貫して行うため、査定の結果も早く出ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ