地金と貴金属の違いとは何でしょうか?

地金について

地金というのは金属の塊のことで、インゴットやバーと呼ばれているもののことです。
日本国内で、投資の対象として人気のある地金は、金、白金、銀などが主流ですが、その他にもいろいろな金属の地金があります。
そして、投資対象としての地金には、ロンドン地金市場協会(LBMA)や東京工業品取引所から承認されたという証、金、銀の認定ブランドとしての刻印がつけられています。

金の認定ブランドの刻印のあるものは、インゴットの重量によるサイズに関わらず、99.99%の純金です。
具体的には、商品管理上の連続ナンバーである金塊番号、金地金を製錬した業者の登録マークである商標、金地金の重量、純金を表す素材表示、製錬業者と検定分析業者を表すマーク、純度99.99%の金であるという品位を表すマークが刻印されています。

地金型金貨

投資対象としては地金型金貨というものもあります。骨董価値や希少価値といった付加価値の付く収集用金貨は、付加価値によって価格が変動しますが、地金型金貨は、凝った加工がされておらず、金地金と同じように、金取引市場の相場で価格が決まります。

貴金属について

貴金属というのは、金、銀、白金、パラジウム、ロジウム、イリジウム、ルテニウム、オスミウムという腐食しにくい特徴を持つ8つの金属のことです。
その中で、金、銀、白金、パラジウムはジュエリーに使われ、ロジウムは、ジュエリーやアクセサリーの表面メッキを施す際に使われます。

従って、金地金、金のインゴットは貴金属の地金ということです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ