金はどのような用途で使われているでしょうか?

金の用途

金はアクセサリー以外にも、いろいろな用途で使われています。
金の用途には主に、宝飾用、工業用、医療用、資産の4つがあります。

工業用

金箔や金糸といった工芸品から最先端エレクトロニクス産業の使われるCPU、LSIなどの部品まで、人体との親和性が良いことや、柔らかいので、薄く延ばしたり、いろいろな形に加工したりしやすいこと、熱伝導率が高いこと、腐食しにくいことなどの特質を生かして使われています。

医療用

金は酸によって腐食することが無く、生体との親和性にも優れている為、歯科医療にも金歯などとして使われています。
また、熱伝導率が高いという特性を活かして、検査時のコーティング材や、人工関節、がんの治療薬にも利用されています。

宝飾用

金は変色をせず、長期間美しい輝きを保つという特性を持っているため、古代から宝飾品として使われてきました。
現在でも、金は、アクセサリーやジュエリーなど、多く宝飾品に使われていまそして、その美しさだけでなく、金属アレルギーを起こしにくいということとも、大きな特性です。
ピアスやネックレス、指輪など、アクセサリーは常に肌に触れている状態になりますので、金属アレルギーを起こしやすい状況にあるからです。

資産価値

金は希少価値のあるもので、普遍的に物質的な変化をしないという特質をもっています。
その為、昔から、金は通貨として使われてきました。
現代では、金のコインは通貨としてはほとんど使われなくなっていますが、世界中で共通の価値を持っているため、金のインゴットやコインは資産価値の高いものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ